飯豊山(大日岳・飯豊本山) 2006年11月3・4・5日

画像


飯豊山(いいでさん)は、越後山脈北部にある飯豊連峰の主峰であり飯豊本山とも呼ぶ。磐梯朝日国立公園内に位置し、山形県小国町と新潟県阿賀町の県境にあるが、南東麓の福島県側から山頂を経て御西岳に至る登山道付近のみが福島県喜多方市になっており、山頂付近は喜多方市である。飯豊連峰の主峰は飯豊山(標高2,105m)であるが、最高峰は大日岳(標高2,128m)である。

飯豊山へは、今回で5回目の登山。体力と技術?がかなり重要とされる実川口コースから大日岳・飯豊本山を縦走しダイグラ尾根を下りて長者原口への2泊3日のロングコースです。

11月3日(金)文化の日 天候晴れ
5:22自宅⇒5:45仙山線北山駅⇒6:04東北新幹線仙台駅⇒6:50新幹線郡山駅着⇒7:03磐越西線郡山駅⇒8:13会津若松駅⇒8:15会津若松駅⇒10:00日出谷駅

磐越西線日出谷駅にて
画像


画像


10:15日出谷⇒10:38実川口(100m)⇒12:14実川林道橋東星興業発電所(190m)⇒12:48実川「五十嵐家」住宅(280m)⇒13:16林道ゲート(299m)⇒13:57天神堂橋⇒14:26東星興業取水ダム(425m)⇒14:33東電実川発電所(435m)⇒14:46坪安橋(470m)⇒15:09トンネル入口(480m)⇒16:15湯ノ島小屋(570m)
日出谷から湯ノ島小屋までの歩行時間6時間(歩行距離約24キロ)

13:00「五十嵐家」住宅 こんな山奥に豪邸が
画像


13:10 林道の紅葉
画像


13:16 林道のゲート 車はここまで入れる
画像


画像


14:00 林道から眺める渓谷と紅葉
画像


14:10 林道の紅葉
画像


みごとな紅葉
画像


トンネル入口 
これが噂の幽霊トンネルだ。800mの長さのため入口から出口の明かりを見ることができないので、ますます恐怖と不安が襲ってきたが、これを通過しないと山小屋へつくことが出来ない。意を決して、ヘッドランプを点灯し更にランプが切れた時のためにミニ懐中電灯をポケットに入れて入った。しかし、やはり恐怖と不安が入り混じりながらしっかりと足元を照らす明かりだけに集中して歩き続けた。やはり途中で異常な音が聞こえてきたが背筋を震わせながら歩き続けた。やっとのことで明かりが見え始め安堵感が出口に近づくほど強くなりようやく出口に。所要時間13分を要したが私には30分以上の時間に感じた。
画像

トンネル出口
画像

トンネル出口付近にある大きな木。樹木の名前がわからないが黄葉が素晴らしい。
画像


4:15 湯ノ島小屋
画像


湯ノ島小屋には新潟からきのこ採りのグループ4人組と後から単独と私を入れて6人の泊まりとなった。新潟からのグループのリーダーから採り立てのきのこ汁を何杯もごちそうになり感激!最高でした。また、ドラム缶風呂まで勧められましたが、あつかましいので断ってしまいました。新潟のリーダー本当にありがとうございました。

11月4日(土) 天候晴れ
5:40起床、6:30湯ノ島小屋⇒6:40実川登山口(580m)⇒8:40月心清水(1,075m)⇒10:50~11:46一服平(1,480m)⇒13:00櫛ヶ峰(1,780m)⇒14:40牛ヶ首(1,890m)⇒16:00大日岳山頂(2,128m)⇒17:35御西小屋(1,975m)
歩行時間11時間05分

6:40 実川登山口 まだ薄暗い
画像


画像


8:19 櫛ヶ峰を望む
画像


画像


8:40 月心清水 このコース唯一の水場
画像


画像


櫛ヶ峰を望む
画像


画像


13:25 櫛ヶ峰から牛ヶ首(右手前)と大日岳(左奥)
画像


14:40 牛ヶ首から大日岳を望む
画像


16:00 大日岳山頂 
画像

残念なことにデジカメが故障してしまった。折角のロングコースなのに記録を残すことができなくなった。
大日岳から御西小屋までは暗くなってきたのでヘッドライト点灯でたどり着いた。小屋には、東京から来た二人の女性グループと60代夫婦と単独1人と私の6名の宿泊となった。



11月5日(日) 天候晴れ
4:00起床、5:10御西小屋⇒5:19御西岳(1,985m)⇒5:48玄山道分岐(1,950m)⇒6:07駒形山(2,035m)⇒6:26飯豊本山(2,105m)気温2℃⇒7:33  (1,812m)⇒8:33宝珠山(1,800m)⇒10:32千本峰(1,425m)⇒10:57岩場(1,340m)⇒11:23休場の峰(1,320m)⇒12:10長坂清水(960m)⇒13:16桧山沢橋(475m)⇒13:44温身平(460m)⇒14:03長者原登山口 歩行時間8時間53分

6:30 飯豊本山から駒形山を望む
画像


8:33 宝珠山から北股岳方面を望む
画像


15:05長者原口駐車場で新潟ナンバーのイプサムに乗せていただき飯豊梅皮花荘(いいでかいらぎそう)まで送っていただいた。歩けば1時間ほどかっかったと思う。
16:06飯豊梅皮花荘バス停⇒16:48小国駅バス停⇒17:42米坂線小国駅⇒19:14米沢駅⇒20:14山形駅⇒21:19仙山線国見駅⇒21:40自宅

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 百名山紀行

    Excerpt: ブログに書き込んだ百名山の目次を作成しました。登頂した山は、ブログのアドレスを入れましたので訪問してください。 Weblog: 山旅 racked: 2009-02-15 16:25